赤ちゃんイベントの撮影|人生の節目となる成人式は写真にしっかり収めよう

人生の節目となる成人式は写真にしっかり収めよう

赤ちゃんイベントの撮影

家族

お宮参りとは、赤ちゃんが産まれて1ヶ月後にやるイベントです。無事に1ヶ月経ちました、という報告と、これからも健やかに育ちますようにという願いを込めて、地元の神社で行います。男の子の場合が生後31日目、女の子の場合が生後32日目に行うのが正式ですが、赤ちゃんの体調などを見て都合が良い日に行います。お宮参り時に一緒に写真を撮る家族も多くいます。近年、人気が高まっている大手写真スタジオでは、赤ちゃんのたくさんの衣装から選び、借りることができ、神社まで持参できるというプランもあります。オプションで、今後のハーフバースデー、1歳の誕生日、ひな祭り、こどもの日までイベントひとまとめで申し込むと割安になるプランもあります。

地元の写真館でお宮参りの写真を撮る人もいるでしょう。インターネットの普及により、着物のレンタルもメジャーになってきました。お宮参りセットのレンタルも5000円から10000円の相場であります。着物を持参して、地元の写真館で撮り、神社までカメラマンが出張してくれるサービスもあります。スタジオの他に、神社で撮れると雰囲気が出るので人気です。撮影時は、親子で撮る場合は、お母さんが赤ちゃんを抱っこし衣装を着ます。祖父母も合わせて撮る場合は、ご主人のお母さんつまり、おばあちゃんが赤ちゃんを抱っこします。まだ、生後1ヶ月の赤ちゃんは、寝ていることもあるので、時期をずらしたり、改めてお食い初めで撮る人も多いようです。